ご相談内容と相談時間

HOME > ご相談内容と相談時間

携帯電話用QRコード

わがつま母乳育児相談室モバイル

携帯のバーコードリーダーでQRコードを読み取ることで携帯版ホームページへアクセスできます。

母乳育児についてのお悩み

●母乳が足りていないのではないか
●乳房のしこりや乳腺炎様の症状
●陥没や乳頭が短いことによってうまくくわえさせられない
●白斑や乳頭の傷による痛み
●授乳の継続や断乳・卒乳について

などのご相談をいただいています。

最も多いご相談は「母乳が足りていないのではないか」というご相談です。赤ちゃんが母乳を飲んだ後も、口をパクパクしたり、指しゃぶりをしたり、泣いてしまうとお母さんとしては、「満足させてあげられなかったかな?」と心配になってしまいますね。そうした心配や不安からミルクを追加し眠った赤ちゃんを見て、安心した気持ちと母乳が足りていないという不安から自信を持てなくなってしまうのではないでしょうか。

そのような時には早めにご相談ください。

1回の手技の所要時間は約20分前後です。
その他に、授乳方法・飲ませ方・搾り方など授乳に関するサポートを行います。

授乳以外にも赤ちゃんとの関わりや育児全般についてのサポートも行っています。

こんな時は、一人で悩まずご相談ください

【母乳に関するご相談】

「おっぱいが足りない」
「うまく飲んでくれない・吸いつかない」
「おっぱいが腫れている・痛いなど」

●初診、再診ともにお困りのことをお伝えください
●手技を行います(場合によっては、授乳が先になることもあります)
●手技後授乳を行います。ここで、飲ませ方や赤ちゃんの抱き方など具体的にお話しします。


【離乳食に関するご相談】

「おっぱいの回数や量は減らすの?」
「離乳のすすめ方がわからない」
「せっかく作ったのに食べてくれない」

●授乳の状況、離乳食の内容や量などお話しください
●手技を行います
●持参いただいた離乳食を食べさせてみましょう。この時に固さや大きさ、食材のすすめ方など具体的にお話していきます。
●授乳をします(離乳食や手技と前後することがあります)。

離乳食については、赤ちゃんの様子を見せて頂きながらお話をしています。実際に離乳食を持参して頂くことでより、具体的にアドバイスを行うことができますので、ぜひご活用ください

【仕事復帰・保育園に関するご相談】

「保育園が決まった」
「仕事と授乳の両立ってできるの?」

保育園が決まった、仕事に復帰するとなると「もうやめないといけないのかな」と感じる方もいらっしゃいますが、両立することは十分可能です。断乳を決断される前にご相談ください。

【断乳・卒乳に関するご相談】

「そろそろ断乳した方がいい?」

●断乳の時期は、お子さんが1歳のお誕生を過ぎ、しっかりと靴を履いて両足で歩くようになった時を目安としています
●桶谷式断乳は無理やり授乳をやめる方法ではありません。赤ちゃんが乳児から幼児へと成長するその時期を一緒に応援していきます。
●断乳はお子さんと乳房の状態をみて時期を決めていきます。当相談室では、母子ともにスムーズに断乳ができるようサポートしています。

相談時間

相談に関する所要時間は、各ご予約メニューによって変わります

インターネットによる予約の際に参考になさってください。
各ご予約メニューにおいて、乳房の状況・相談内容によりお時間が前後する可能性があります。お待たせする可能性もありますのでご了承ください。


【初診】
問診票の記載や乳房マッサージ後の授乳方法の説明・練習を含めますと1時間半~2時間程度となります。あらかじめお時間に余裕をもってご予約ください。

【再診1】
当相談室の利用が2回目以降で、乳房マッサージに加え、授乳の練習や離乳食について相談を受け付けております。1時間半~2時間程度となります。

【再診2】
当相談室の利用が2回目以降で、定期的な乳房マッサージの他
断乳後2回目以降のケアのご相談を受け付けております。1時間程度となります。